FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70歳まで自動車に乗る場合の自動車にかかる金額は?

18歳で自動車の免許を取って、70歳まで自動車を所有していた場合の
費用は幾らになると思いますか?

免許取得から70歳まで自動車に乗った場合のモデルケースを紹介いたします。


自動車は免許取得後から70歳まで軽自動車のみを所有して、10年間のペースで新車に乗り換えたものとします。


自動車車体料金(新車の軽自動車150万円)

18歳から28歳
28から38歳
38から48歳
48から58歳
58から70歳(最後は12年間乗ったものとして)

計5台×150万円=750万円



自動車税

2014年現在の年間7200円の自動車税とします。

7200円×52年=37万4400円



車検代金

安く車検を取ると考えて、2年で3万8000円

3万8000円×18(新車登録時の3年分の車検は除く)=68万4000円



オイル交換代金

2000千キロの度に1回のオイル交換で、年1万キロ走る車とします。

年間1万円×52年間=52万円



自動車保険料金


軽自動車の保険は安いので、内容の良い保険に入ったとして、
月に7000円。


7000円×52年=36万4000円


最後に、ガソリン代金です。


リッター20キロで車の燃料タンクの満タンが30L
600キロ走ると、燃料補給する条件で、年間1万キロを走るので、

年間17回の給油をします。

30L×150円×17回=7万6500円

7万6500×52年=397万8000円


合計ですが、1304万8400円になりました。




車の代金・750万円
自動車税・37万4400円
車検代金・68万4000円
オイル交換代金・52万円
ガソリン代金・397万8000円


実際には、車が故障する場合もあるので、もっとお金がかかってきます。


この金額を見ると、え~!低く見積もってもこんなにお金がかかるの?

ってかんじですよね。


自動車を持つことは、
こんなにお金がかかることなんだとあらためて思いました。


スポンサーサイト
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。